So-net無料ブログ作成
000

食物繊維!きんぴらごぼうで腸と脳が老けない体に!林修の今でしょ!講座






健康長寿の秘密は食物繊維にあり!

腸が老けない食物繊維

脳が老けない食物繊維について

2月13日の林修の今でしょ!講座で紹介されました


スポンサーリンク





食物繊維で老けない体を作る


健康長寿1000人に聞いた冬によく食べる料理から

体を老けさせない食材のキーワードは食物繊維!



腸が老けない食物繊維


腸を老けさせない食物繊維が入った料理はきんぴらごぼう

きんぴらごぼうはたくさんの食物繊維があるので

腸内環境をより健康で元気にしてくれます

人間の免疫の約6~7割は腸がコントロールしているので

腸が元気になると全身の免疫もアップするのです

また腸内細菌は食物繊維がないとエサを求めて

腸の壁に穴をあけるということが最新研究で判明

腸に穴があくと病原体が侵入し腸を傷つけてしまい

病気にかかりやすくなってしまいます

弱った粘膜を元気にするには約2週間ぐらい腸に良い

食事をするとより復活してくることが分かっているそうです

食物繊維をよく食べて高脂肪・高カロリーの食事を

控えることで腸を若返らせることができるとのことです


スポンサーリンク





便秘には水溶性食物繊維を選ぶ


水溶性食物繊維は水に溶けるので便の滑りが良くなります

ごぼうは水溶性食物繊維と不溶性食物繊維を

バランスよく含む野菜となります

便通が良いことは健康長寿にも繋がります



オススメのごぼうの食べ方


まずごぼうの皮はそぎ落とさずに調理します

ごぼうの食物繊維は皮の部分に多いのでそのままいただきます


またごぼうの土を落とす時はたわしを使います

たわしで優しく土だけ落とします


栄養のあるごぼうを食べるためには土付きのものがオススメで

ごぼうのアク抜きをせずにそのまま調理をするといいです



ごぼうの保存法


健康長寿の方がやっているごぼうの甘みを大幅にアップさせる

保存法は冷蔵庫です

冷蔵庫で保存することでごぼうの甘みが増して食べやすくなります

ごぼうに含まれるイヌリンが低温環境になることで

自分の身を守るために糖を出すため甘みが増します


土付きのごぼうを買ったときの袋のまま

新聞紙に包んでから

冷蔵庫に保存すれば約3ヶ月は長持ちするそうです



脳が老けない食物繊維


腸内環境が脳に影響を及ぼしており

食物繊維が不足すると認知機能低下・集中力が

出なくなってしまい認知症発症に繋がってしまいます

腸内環境は変える事が可能なので良くすることで

認知機能の改善も期待することができます



ロールキャベツで脳の若返り


脳が老けない食物繊維を含む料理がロールキャベツです

キャベツを煮込むロールキャベツにすることで

かさが減り食べやすくなり効率よく食物繊維を摂取することができます

食物繊維は加熱してもほとんど健康効果は変わらないので

煮込んでもOKですが水溶性食物繊維の一部は

煮汁に溶け出すので煮汁も一緒に摂るのがオススメです



キャベツとサバの煮込み


大量の食物繊維がとれる丸ごとキャベツと

サバを一緒に煮込んだキャベツとサバの煮込み

サバのEPA・DHAは認知機能を維持する働きがあります



キャベツが血糖値の急上昇を抑える


キャベツの食物繊維が糖質の吸収を穏やかにして

血糖値の急上昇を抑えてくれます

朝に食物繊維を大量に摂ると1日の血糖値がコントロールされるので

朝の食物繊維は夕食まで血糖値の上昇を緩やかにしてくれます




★関連記事★



スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。