So-net無料ブログ作成
000

菊芋のイヌリンが中性脂肪を下げる!たけしの家庭の医学 2月6日 [健康]






中性脂肪を減らすイヌリンを豊富に含むのが菊芋!

イヌリンの中性脂肪を減らす働きや

里芋以外のイヌリンを含む身近な野菜が

2月6日の名医とつながる!たけしの家庭の医学で紹介されました


スポンサーリンク





中性脂肪を減らす食材


中性脂肪は体脂肪の大もとであり

中性脂肪が増えすぎると体脂肪が蓄積されます

中性脂肪が増えてしまう主な原因は

炭水化物や甘いものなど糖質の摂り過ぎにあります

特にお菓子やジュースなどの甘いものや

アルコールの摂り過ぎなどが大きな原因と考えられています

糖質は生きていくために欠かせない

大切なエネルギー源ですが

加齢による筋肉量の低下などにより

エネルギーとして消費できなくなった余りが

中性脂肪として血液中に溢れてしまい

その結果身体中の脂肪が増えてしまい

脂肪肝、心筋梗塞のリスクを高めてしまいます

中性脂肪は身体に溜まりやすく

一度溜まると減らしにくいという難点がありますが

徳島県脇町に暮らす人々が食べる食材に

中性脂肪を減らすヒントがありました



スポンサーリンク





中性脂肪を減らす菊芋のイヌリン


菊芋は芋と言われてますが実はゴボウの仲間

11月に収穫期を迎えます

中性脂肪を効率よく減らすのが菊芋に含まれている成分、イヌリン

イヌリンは水溶性食物繊維の一種です

菊芋の糖質にはデンプンは含まれず、イヌリンという

多糖体により構成されています

⇒キクイモパウダー



中性脂肪を減らすイヌリンの働き


中性脂肪を減らす効果が期待できるイヌリン

イヌリンは水溶性食物繊維の一種で水に溶けやすく

身体の中でトロトロの状態になると

中性脂肪を減らしてくれます

イヌリンと水が混じると糖質を包んで体に吸収しづらくなります

小腸で吸収されず大腸に運ばれたイヌリンは

腸内細菌のエサになります

イヌリンは悪玉菌のエサにはならず

善玉菌だけのエサになるという特徴があります

その結果乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が

腸の中で増えるのです

そして善玉菌が作る物質が肝臓に働くと

中性脂肪の合成を抑制します



イヌリンを含む食材


菊芋以外にもイヌリンを含む食材はあり

イヌリンは野菜類に多く含まれているといいます

日常的によく食べる野菜の中で

何がイヌリンが多いかは研究途中になるようです



野菜のイヌリン量ランキング


番組内でスーパーで買えるお手軽野菜の中から

イヌリン量を過去の研究結果と合わせて

調べたランキングによると



■第3位 玉ねぎ

100g当たりに含まれるイヌリンの量は4.3gです




■第2位 ゴボウ

100g当たりに含まれるイヌリンの量は5.4gです



■第1位 ニンニク

100g当たりに含まれるイヌリンの量は12.5gです

この量は菊芋にも負けない量になるそうです




中性脂肪は炭水化物を減らすことが大事ですが

なかなか甘いものやお菓子を食べないようにするのは

難しいですね

食生活を変えないと減らない身体に溜まった中性脂肪ですが

イヌリンを含む菊芋を食べるだけで中性脂肪が抑えられるので

頼もしい食材です

身近な食材でもはっきりとイヌリンが摂れることが分かったら

嬉しいですね

ニンニクのイヌリンにも期待したいです


★関連記事★



スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。