So-net無料ブログ作成
000

むせる対処法!嚥下力(えんげりょく)飲み込む力を鍛えるペットボトルブローイング 主治医が見つかる診療所 [健康]






口を鍛えて健康になる方法として

むせの対処法、えん下力を鍛える方法が

2月1日の主治医が見つかる診療所で紹介されました



スポンサーリンク





口を鍛えて健康になる方法


口のケアで健康になることをテーマに

口を鍛えて健康に若返る方法が紹介されました

口の周りは筋肉でできているので鍛えることで

口の衰えは改善することが可能です



噛む能力のセルフチェック


①左右のこめかみを手で触ります

人差し指と中指を当てたまま奥歯で軽く噛みます

こめかみの部分が膨らむのが分かります



②頬骨から2cm下がった場所を手で触ります

奥歯で軽く噛んだとき

左右が同じように膨らむかどうかチェックします

バラつきが合った場合は専門医に見てもらうことをオススメします



むせなくなる方法


誤嚥によってむせるのは飲み込む力の衰えによるものです



えん下おでこ体操


①おでこと手の平で15秒程押し合います



おでこの力を入れて下を向くとえん下をする時に

喉がゴクンと持ち上がる、

その筋肉を鍛えることができます


スポンサーリンク






喉の上の部分が鍛えられて飲み込む力が強くなります

ちょっとむせる人にはこの体操は効果があるとのこと。

食事前に行うとむせ予防になります



フルートで飲み込む力を強化


フルートを吹くことで呼気訓練となり

えん下力が強化されます

肺活量が増えて咳をする力、肺炎の予防にも繋がります

息を吹いて音を出す楽器で喉と吐き出す力を

鍛えることができます

楽器が出来ない人はペットボトルで代用することができます

ペットボトルに穴を開けてストローを挿したものを用意し

水を入れて使用します



ペットボトルブローイング


上記の特製ペットボトルの作り方です



①ペットボトルに穴を開け(飲み口の辺り)ストローを挿します



②穴とストローの隙間をセロハンテープで塞ぎます



水を入れてストローから息を吐きます

できる範囲で長く吹き続けます

自分の限界が分かったらその半分の秒数を目安に行います

キャップで調整することができますが

ゆるめから始めて徐々に強くしていきます


朝と夜の食事前、1日2回でOKです



★関連記事★



スポンサーリンク




nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。