So-net無料ブログ作成
000

骨ストレッチでお腹痩せ・転倒防止!ソレダメでやり方を紹介 [健康]





腰痛・肩こりに効果がある骨ストレッチ!

足が上がる大腰筋ほぐし・転倒防止

お腹やせの骨ストレッチのやり方が

1月10日のソレダメ!で紹介されました


スポンサーリンク





骨ストレッチ!


骨が緩む体操、骨ストレッチをすると

首・猫背・腰痛・肩こりが解消すると

ご高齢の方も本を手に取るほど話題に!

節々の骨を押さえながら動かすストレッチ

不思議な体操「骨ストレッチ」の

転倒防止・お腹痩せに効果がある

ストレッチのやり方を

スポーツケアトレーナー松村卓先生が教えてくれました

⇒骨ストレッチ


筋肉ではなく骨を意識して動かし体を緩める骨ストレッチ!

腰痛・肩こりの解消、顔の引き締め、首のこりをほぐす体操に続き

最新の骨ストレッチが転倒防止・お腹痩せに効果がある

骨ストレッチです!




■基本のポーズ

①右手の親指と小指を軽くくっつけます



②左手の親指と小指で右手首にある骨を掴みます



親指はブレーキ、小指はアクセル

2つを繋げることでニュートラルポジションを作ります

これで力が相殺され身体がリラックスした状態を作るので

自然と力が抜けて楽にストレッチができます




転倒防止に効果がある骨ストレッチ


①足を肩幅くらいに開いて楽に立ちます

このとき膝の力を抜きます



②基本のポーズを胸の前で組みます



③まっすぐ手を頭の上に伸ばします


スポンサーリンク






肘をできるだけ曲げず伸ばしたまま

手首を7回真っ直ぐ上にひっぱります

反対側も同様に行います


この骨ストレッチを空いた時間に行うだけで

猫背の姿勢が改善され脚が上がるようになり

転倒防止に繋がります



足が上がる大腰筋ほぐし


転倒防止に効果がある骨ストレッチと一緒に行ってほしいのが

大腰筋をほぐすマッサージ、大腰筋ほぐしです



①右膝を立てて座ります



②くるぶしの下を指でさすります

さするとき基本のポーズの手の形で、親指と小指でさすります


反対側も同様にこすります


大腰筋ほぐしで大腰筋が緩み

簡単にももが上がるようになります



お腹を凹ませる骨ストレッチ


お腹痩せに効果がある蛇腹ストレッチ!

インナーマッスルが鍛えられ

冷えの防止にも効果がある骨ストレッチです



①両手の親指と小指を合わせます

右手はみぞおち

左手はおへそに、手の平を上にして受け皿のように置きます

膝を軽く曲げることがコツです




②両手を合わせるように(蛇腹のように)

くっついたり、離れたりするように動かします



回数は10回行います

左右の手を反対にして(左手をみぞおちに、右手をおへそにもってくる)

同様に10回行います



39℃ないと内臓は活発に動かないのですが

たった20回の蛇腹の動きをする骨ストレッチで

お腹を温めることができ内臓の働きが良くなります

体内温度が上がり、内蔵が活性するので

代謝も上がりインナーマッスルが鍛えられます!

ぽっこりお腹を解消、ダイエット効果も期待できます


鈍くなった体の動きを良くするだけでなく

ダイエット効果も期待できるので幅広い年齢層の方が

簡単にすることができる骨ストレッチ!

より健康的な生活が目指せますね!


★関連記事★





スポンサーリンク





nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。