So-net無料ブログ作成
000

筋肉貯金がたまる正しい姿勢で腹筋15回分の効果!筋肉貯金体操のやり方林修の今でしょ講座 [林修]



勝手に筋肉貯金がたまる方法を健康長寿1000人に聞いて調査!

筋肉貯金をためれる食生活

1分間で腹筋15回分の効果がある正しい姿勢の座り方

筋肉貯金体操など

100歳になっても歩けるように筋肉貯金について

10月31日の林修の今でしょ講座で紹介されました


スポンサーリンク





筋肉貯金のため方


100歳になっても元気に歩けるように

普段から筋肉の貯金をためれる方法を紹介します!

⇒貯筋通帳1日15分の運動で筋肉を貯める



筋肉貯金チェック法


簡単に自分に筋肉貯金があるかどうかチェックできます!

高さ40cmくらいのイスから片足で立てれば筋肉貯金できています!


①イスに座ってから前にかがみ片足に体重をのせます



②反動をつけずに片足で立ち上がります



たんぱく質を摂る!


健康長寿が気をつかってよく食べているもの第1位はお肉

2位は大豆製品、3位は魚

毎日たんぱく質をしっかり摂っていること!

たんぱく質は筋肉の材料となり筋肉の合成を促します

たんぱく質が多い食品を毎食意識して食べることで

より筋肉貯金がたまりやすくなります



食事を抜いたり、一気食いをすると糖質を多く摂り血糖値を上げるので

血管に大きなダメージを与えるので注意が必要です



ごはんで筋肉をより作る


ごはんを肉などのたんぱく質を一緒に食べると

筋肉を作る効率が約2倍になります

ごはんなどの糖質には筋たんぱく質合成を高める作用があります

しかし摂り過ぎはNG!

肉100gに対しごはん160g(1杯)が1回の食事の目安となります


スポンサーリンク





正しい姿勢で腹筋を鍛える


姿勢は筋肉貯金をする上で重要です

正しい姿勢の座り方1分間で腹筋約15回分の効果を得られます

30分すると450回分の効果が!


正しい姿勢で座ることでお腹の前にある筋肉、腹直筋や

横にある服横筋が鍛えられ腰痛予防にもなります



筋肉貯金が減るNGな座り方


・頭を肩より前に出して座る

首の角度が12度前にでることで首にかかる負荷が2倍になります

首の角度が60度になると頭の重さは27kgとなり

小学校3年生の体重と同じ重さの負荷が首にかかっています



・背もたれに寄りかかる

筋肉をほとんど使わないので筋肉が衰えてしまいます

すると背骨に直接負荷がかかり腰痛を引き起こす原因となってしまいます



・背もたれに寄りかかり頭を前に出す

首・腰両方を痛めてしまう危険性があります



腹筋貯金がたまる正しい姿勢の座り方


筋肉貯金が勝手にたまる

1分間で腹筋15回分の効果がある正しい姿勢の座り方です



①坐骨の上に均等に体重をのせます

真ん中に頭の中心が来るように座ります

耳・肩・お腹・坐骨を一直線にします


鼻から息を吸って一番肺に空気が入る姿勢です



筋肉貯金体操のやり方


座ったままでラクに下半身を鍛えられる筋肉貯金体操のやり方です!



①正しい姿勢でイスに座り、足は肩幅に開きます



②上半身は動かさず足を少し上げます



③左右10回ずつ足を上げます

足を上げる時に息を吐きます


かかとを上げるだけでもOKです!



★関連記事★





スポンサーリンク





nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。