So-net無料ブログ作成
000

子供の脳が変形するマルトリートメント 親子関係が良くなる褒め言葉!世界一受けたい授業 [健康]





子供の脳が変形してしまうマルトリートメントについて、

危ない子育てから、子供に言ってはいけない言葉、

子供の脳が活性化する子供との会話のコツなど

10月28日の世界一受けたい授業で紹介されました



スポンサーリンク





危ない子育ては子供の脳を変形させてしまう


子供の脳に影響を与え脳が変形してしまうという

親がしてはいけない危ない子育てについて

今話題の本、「子供の脳を傷つける親たち」の著者

友田明美先生が教えてくれました


⇒子どもの脳を傷つける親たち



何気ないことが子供の脳に影響を与えていること、

そして子供との関係をよくする言葉について紹介されました



マルトリートメントは子供の脳を傷つける


マルトリートメントとは

マル=悪い

トリートメント=扱い

と不適切な養育というという意味を持ちます

子供を傷つける行為をマルトリートメントと言います


マルトリートメントによって

子供の脳は極度なストレスを感じるとその苦しみから逃れようと

脳を自ら変形させてしまうことが分かっています

すると大人になった時、うつ病になったり

視覚野・聴覚野など各部位に影響を及ぼす危険性があります



夫婦喧嘩は子供に悪影響を与える


家で頻繁に親の夫婦喧嘩を見せると

子供の語彙・理解力が低下するといいます


スポンサーリンク






激しい夫婦喧嘩を見て育った子供は

脳がその景色を見たくないと

視覚野の一部、舌状回という場所が

正常な大きさよりも6%も縮小し

言葉の理解力などの知能が低下してしまいます



知らずにやっているマルトリートメント


実はマルトリートメントに該当する子育てを5つ紹介します

これらは子供の脳を変形させてしまうといいます



■過干渉

親が子供に干渉しすぎると子供は信用されていないと思い

危険・恐怖心を感じる脳の扁桃体が変形してしまいます

大人になったときいつもビクビクした人間になってしまうといいます



■長時間のスマホ、スマホによる育児

現在3歳児の47.5%、9歳児の89.9%が

スマホなどでインターネットを使用しています

子供が長時間スマホを使用すると親とのコミュニケーションが減少

右脳と左脳を繋ぐ脳梁は感情をコントロールする部分ですが

脳梁が縮小してしまいます

その結果集団行動ができなくなってしまうといいます


どうしても手が離せず子供の相手ができないとき渡しがちなスマホですが

1日1時間など時間を決めて渡すようにしましょう



■お風呂上りに親が裸でいる

子供が嫌がっている場合、性的マルトリートメントとなります

視覚を司る視覚野が変形し

記憶力や認識能力が低下してしまいます

コミュニケーションをとって子供が嫌がるようなら

脱衣所で着替えましょう



■他人と比較する

兄弟や友達、他の人と比べながら叱ることは

子供のプライドを傷つけ脳に大きくダメージを与えます

喜びや快楽を感じる綿条体が働かなくなってしまい

成長してからアルコール依存症や薬物中毒に陥る危険性が高まるという

誰かと比較せず本人と向き合うことが大切です



■感情にまかせた暴言

体への暴力よりも言葉の暴力の方が脳へのダメージは大きい

暴言を受けた子供は聴覚を司る聴覚野が肥大し

耳は健康でも音が聞こえない心因性難聴を患った例もあるといいます

どうしても子供を叱らなければいけないときは

60秒以内で叱ること

60秒以内に怒るポイントをしぼるって怒るようにすると

子供の脳を傷つけにくくするそうです



変形した脳はどうなるのか?


一度変形してしまった脳ですが

成長過程にある子供の脳はとても柔らかく回復力があります

脳を回復するためには親子関係が良くなる言葉で

子供を褒めるといいそうです



親子関係がグッと良くなる褒め言葉


子供を褒めるときにいい言葉が「助かったよ」


「助かったよ」という素直な感謝の言葉で

子供は自分が役に立っていると思うので

脳にも良い意味で響きます


例えば子供が洗濯物を畳むなど、お手伝いをしてくれた時

親が「ありがとう。助かったわ~。」

の一言!

子供の脳に良い影響を与える褒め言葉「助かったよ」で

親子関係が良くなるといいます



子供の脳を活性化させる会話のコツ


普段子供と会話するとき

子供の脳を活性化させる会話のコツは

子供の言った言葉を優しく繰り返すことです


例えば子供が「キレイなお花を描いたよ!」と言ったとき

親は「本当だね!キレイなお花を描いたんだね!」

と、子供の言葉を繰り返してあげるのがGOOD!


子供が話したことをしっかり繰り返すことで

親が自分の話を理解していると思えば

子供はどんどん積極的に会話をするようになります

脳の最高司令部、前頭前野が正常化するという研究結果が出ています



幼少期が一生を左右するとよく聞きますが

いつも一緒にいる親との日常、関わり方がとても大切。

子供の頃の記憶の方がよく覚えていたりして

強い思い込みにもなってる気がします

その時々は些細なことかもしれませんが

子供の脳が変形したり人生に大いに影響を与えるので

親の行動やコミュニケーションが重要となりそうです

普段から子供は見ています!感じています!


★関連記事★



スポンサーリンク






nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。