So-net無料ブログ作成
検索選択
000

納豆をアツアツご飯で食べるのはNG!栄養を無駄にしない食材の摂り方 主治医が見つかる診療所 [健康]





納豆・ピーマン・キノコ・トマトなど

食材の栄養素を無駄にしない選び方、調理法

摂取法、保存法が

9月4日の主治医が見つかる診療所で紹介されました


スポンサーリンク





栄養絶対ムダにしない調理法


様々な食材の栄養素を無駄にしない調理法や

食べ方が紹介されました


例えば秋の味覚、サンマの塩焼きは美味しいのですが

焼くとサンマに含まれるDHA・EPAが損なわれるので

サンマは生で食べるのがオススメ!

食材に含まれる栄養素を逃さず

体に届けるためのちょっとした工夫を紹介します!




温かいご飯に納豆はNG


ホカホカご飯に納豆は栄養が無駄になる!?

実は70℃で血液の状態を改善する納豆の

ナットウキナーゼが働かなくなるので

ホカホカのご飯で納豆を食べるとせっかくの

納豆の良い栄養素がとれません


15秒ほどご飯をかき混ぜて、ご飯を冷ましてから

納豆をIN!

こうして食べるとよいのだそうです!



ピーマンの切り方


ピーマンを使った野菜炒めを作る場合

ピーマンの栄養を逃さないピーマンの切り方は

縦切りです

ワタや種に栄養が詰まっているので

種はそのままに縦切りをします


スポンサーリンク






ピーマンの繊維は縦に伸びているので横に切ると

細胞が切れて中の栄養が流れ出てしまいます

きゅうり・ごぼう・白菜・大根も縦切りで切ると良いでしょう!


またピーマンににたパプリカにはビタミンCが

ピーマンの3~5倍含まれています



ビタミンEが4倍になるりんごの切り方


ビタミンEが約4倍摂れるりんごの切り方は

皮をむかずにりんごを切ること!

皮ごと食べることでカリウムも約2倍も摂れます


りんごをよく洗ってから

りんごの頭の部分から輪切りにすると

皮も食べやすくなり捨てる部分が少なくなります

お腹をこわす可能性もあるので種は食べないようにしましょう


またニンジンは皮ごと食べると美肌に良いベータカロテンが

約2.5倍多く摂ることができます



キノコのうま味成分を増やす保存法


キノコのうま味成分、グルタミン酸を約3倍増やす保存法は

1度冷凍させること

冷凍して細胞を壊すとキノコの栄養が摂りやすくなります


エノキを凍らせるとダイエットの味方

脂肪の吸収を抑えるキノコキトサンの吸収率がアップします!



リコピンをキープするトマトの保存法


トマトのリコピンが半分以下も減ってしまう保存法は

5℃以下で保存してしまうこと。

風通しの良い場所で常温で、

ヘタを下にして保存するのがGOOD!

常温保存で追熟することでトマトは赤くなり

完熟トマトになります

冷えたトマトを食べたいときは食べる直前に冷やせばOKです


トマトの他にも、なす・きゅうり・サツマイモ・サトイモも

常温で保存するのがオススメです



白菜の保存法


白菜は芯の付近にある成長点を切り落とします

後は白菜をラップで密封し野菜室に入れて保存します



レタスの保存法


レタスにも白菜と同じく成長点がポイント!

レタスの成長点は芯の部分になります

このレタスの成長点につまようじを刺すことで

成長を止めて栄養をキープすることができます

つまようじ3本を1/3程度刺すとOKです


後はレタスをラップやビニール袋で密封して

下向きにして野菜室に入れて保存します



しいたけのビタミンDをアップ!


食べる1時間前にかさを下にして(かさの裏のヒダを上に向ける)

日光に当てて天日干しにするとビタミンDが増えます



せっかく食べるのだから栄養素を無駄にせず

食材の持つパワーを余すことなく摂取したいですね!

摂り方、保存法によって栄養の

半分以下も無駄になってしまう食材もあるので、

もったいないので、ちょっとした工夫で

美味しくいただきましょう!

★関連記事★

スポンサーリンク





nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。