So-net無料ブログ作成
000

髪を若返らせる食材高野豆腐・ゴマ 肝臓にブロッコリースプラウト!林修の今でしょ講座 [林修]





肝臓・髪・血管など臓器若返りのための食材にレシピを

東大ママドクターが紹介!

ブロッコリースプラウト・高野豆腐・ゴマなど..

知らず知らずに老化を進めないためにも

積極的に摂っていきたいですね

8月1日の林修の今でしょ講座で紹介されした


スポンサーリンク





東大ママドクターが教える臓器若返り術


夏は体内の糖化や老化が進みがちになるという...

髪・肝臓・血管など若返らせるべき臓器の

臓器が若返る栄養素、若返りレシピを

東大ママドクターこと伊藤明子先生が教えてくれます



肝臓を若返らせるブロッコリースプラウトとさくらえび


夏に肝臓が弱る原因は代謝が下がることで

食べ過ぎると脂肪が蓄積しやすくなるからです


肝臓を若返らせる栄養素が多い食材は

ブロッコリースプラウトとさくらえびです

ブロッコリースプラウトのスルフォラファンが

傷ついた肝臓を若返らせます!

ブロッコリースプラウト1パックを

週に3回生で食べるのがオススメです


他にもキャベツ・大根でもOKです



さくらえびは肝臓の炎症を抑えるアスタキサンチンが豊富

さらにカルシウムの量は牛乳の約18倍とたっぷりです


ブロッコリースプラウトとさくらえびのマリネ


肝臓若返りレシピです!


①ボウルに簡単にカットしたブロッコリースプラウトと

さくらえびを入れてレモン汁をかけます


②オリーブオイル・こしょうをかけます

オリーブオイルの代わりにあまに油でもOKです


スポンサーリンク





髪の毛を若返らせる高野豆腐とゴマ


夏は紫外線が強く頭皮へのダメージが強くなります

結果、白髪や抜け毛の原因になるといいます


髪の毛・爪・皮膚は皮膚がらみの臓器として考えられます

つまり髪の毛・爪なども含む臓器を皮膚といいます

皮膚は人間最大の臓器となります



髪の毛を若返らせる食材がより多いのは高野豆腐

髪の毛を若返らせるのに1番の栄養素はたんぱく質

肌も髪も爪もケラチンという固い

たんぱく質からできていて

髪の毛を若返らせるにはたんぱく質が大事になります

木綿豆腐の約7.6倍、卵の4約、牛肉(もも)の約2.5倍

たんぱく質の量が多いのが高野豆腐です

他にもたらこ・のりにもたんぱく質が豊富です



白髪・薄毛・抜け毛これらの老化現象は

毛根にある2つの工場(髪の毛を作る毛母細胞、髪の毛の色を作るメラノサイト)

が不具合を起こすことが原因の一つです

2つの工場を動かすのに必要なのがたんぱく質になります



さらに髪の毛を若返らせる栄養素が多い食材がゴマです

ゴマに含まれる栄養素が亜鉛


たんぱく質と一緒に摂ることでより吸収がアップし、

代謝をすすめる酵素の6、7割の中心に亜鉛があるので

亜鉛をしっかり摂るという事が大事です

亜鉛はココアにもたっぷり入っていて

豆腐にメイプルシロップとココアパウダーをかけた

なんちゃってティラミスがオススメとのこと。



なんちゃって豚の角煮


①出汁と卵を混ぜたものに高野豆腐を浸します


②豚肉(脂分が少ないお肉)で高野豆腐をくるくる巻きます


③小麦粉をまぶしたら焦がさないようにフライパンで焼いていきます


④最後に酒・みりん・減塩醤油・水で味を調えます



血管を若返らせる食材タコ


暑さで汗をかけばかくほど血液中の水分が減り

血管が硬くなるといい

心筋梗塞や脳梗塞の原因になる恐れもあります


血管を若返らせる食材はタコ

タコには血液の流れを促進するタウリンが含まれていて

サバの約5倍、豚ロースの約17倍とたっぷりです

タコのタウリンが血流・血圧を改善し血管を若く保ちます

他にもアジ・ホタテもタウリンが豊富です



タコとアジのトマト風アクアパッツア


①材料を全て入れて煮るだけでOKです



夏は身体の疲労感も感じやすくてだるい時がありますが

直接ダメージを感じない臓器も弱っているとのことで

意識して臓器若返り食材を摂っていきたいですね

★関連記事★





スポンサーリンク











nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました