So-net無料ブログ作成
検索選択
000

作り置き薬膳「シナモンを使ったセロリと玉ねぎの鶏肉炒め」下半身型冷え性の夏バテ予防に! [レシピ]





夏バテになりやすい体質、下半身型冷え性の

夏バテ予防に効果的な作り置き薬膳のレシピ

シナモンを使ったセロリと玉ねぎの鶏肉炒めの

作り方を紹介します

7月25日のたけしの家庭の医学で紹介されました



スポンサーリンク





夏バテを予防する薬膳


体質改善で夏バテを予防・改善する方法として

ツボと薬膳による方法を紹介します


⇒夏バテを起こしやすい体質、下半身型冷え性のツボによる改善法


薬膳は薬になる食事のことで

漢方薬と同じで

食べてすぐに効果があるものではありませんが

改善したい症状に合わせた食材を食べ続けることで

時間をかけて体質から徐々に変えていく方法です



夏バテに効果的な作り置き薬膳のレシピを

紹介します

薬膳のエキスパート中村きよみさんが

下半身型冷え性を改善できる薬膳のレシピを

教えてくれました


セロリと玉ねぎの鶏肉炒め


毎日食べ続けられる作り置きの薬膳レシピ

作り置きできるのは3日です


スポンサーリンク






[材料](3日分)
玉ねぎ 2/3個
セロリ 1/2本
シナモン 小1/2
オリーブオイル 大1と1/2
鶏胸挽肉 150g
パプリカ 1/3個
アスパラ 1本
松の実 大2
オイスターソース 大1と1/2
レモン汁 大1
ナンプラー 大2と1/2
塩 小2/3
コショウ 少々
カイエンペッパー 小1/2(ない場合はコショウでも可)




[作り方]
①フライパンにオリーブオイルを引き

鶏胸挽肉を強火でパラパラになるまで炒めます



②1.5cmに角切りにした玉ねぎとセロリを入れます



③1.5cmに角切りにしたパプリカ、茹でて5mm輪切りにした

アスパラ、松の実を加えて炒めます



④ナンプラー、オイスターソース、塩、コショウ

レモン汁、カイエンペッパーを加えて味を調えます



⑤仕上げにシナモンを加えます





・セロリと玉ねぎは薬膳の世界では

身体中にエネルギーを巡回させる働きがあると

いわれる食材です


・シナモンは気を下げる働きがある食材で

上半身に溜まった熱を下半身に下げる効果に

期待できます


薬膳とツボ押しの効果は?


作り置き薬膳を毎日1食、ご飯やセロリ

そうめんなどと一緒に食べつつ

ツボ押しを5日間続けた結果

下半身がポカポカするようになり

検証前28.5度だった足先は34.3度と約6度上昇

顔の温度は0.6度減少して34.8度に下がりました



下半身型冷え性の体質を改善し

夏バテになりにくい強い身体を作ることに

期待できそうです!


シナモンは毛細血管を強くする働きもあるので

血流を良くするので上半身、下半身の温度の偏りをなくし

下半身の冷え解消を大きくサポートしてくれそうです

暑い日々はまだまだ続くので夏バテにならない身体を作って

夏を乗り切りましょう!
★関連記事★




スポンサーリンク





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました