So-net無料ブログ作成
検索選択
000

夏バテを起こしやすい体質 下半身型冷え性のツボ・薬膳による夏バテ予防法 たけしの家庭の医学 7月25日 [健康]




夏バテを起こす原因の一つには

夏バテを起こしやすい体質があることが判明!

下半身型冷え性の夏バテで体調を崩さない

ツボと薬膳による予防法が

7月25日のたけしの家庭の医学で紹介されました


スポンサーリンク





夏バテになりやすい体質


夏バテの代表的な症状には

全身のだるさ、疲労感、食欲不振

めまい、頭痛、消化器の不調などが上げられます


暑いだけだと油断していると熱中症になる

危険性もあります



夏バテの原因には脱水による水分不足

暑い外気とエアコンがきいた室内の温度差などが

原因と言われてきましたが

夏バテを起こしやすい体質というものが関係しているようです


夏バテになりやすい体質かチェック!?


①湯船に長く浸かれない


②眠りが浅い


③よく手に汗をかいている


④冷房をつけると足が冷える


⑤あせりやすい


⑥ちょっとした事でかっとしてしまう




3問以上当てはまれば夏バテの可能性があります


スポンサーリンク





下半身型冷え性


冷え性にはいくつかのタイプがありますが

下半身が冷えるタイプの冷え症の方が

夏バテを起こしやすい体質であることが判明


足が冷える人が多いがお腹から下が冷える人もいます



下半身型冷え性の人は下半身にいくべき熱が

上半身に溜まり冷えのぼせ

といわれる状態になっています


下半身型冷え性の方は理由が詳しく分かってはいませんが

エアコンなどの冷気に対して敏感な体質なっていて

過剰に反応してしまうのが自律神経で

そのため、下半身の血管が必要以上に収縮し

体で作られた熱が下半身に運ばれず足が冷えます

上半身では熱が溜まり続けのぼせるほど体温が高くなります

この冷えのぼせの状態が夏バテを酷くする原因です


夏バテ予防法


下半身を温め上半身に熱を溜めない

体質改善で夏バテ予防法を紹介します

・ツボを押しのやり方

・薬膳レシピ

⇒作り置き薬膳「シナモンを使ったセロリと玉ねぎの鶏肉炒め」



ツボで夏バテ改善


自律神経が緊張しやすい下半身型冷え性の体質を改善し

全身の血流を活発にして

熱を溜めない3つのツボを紹介します




①血海

ヒザのお皿から太ももに向って指3本分の場所が血海です

消化器の機能を高め全身の血流を良くします




②太渓

足の内側の内くるぶしとアキレス腱の間が太渓です

下半身や腹部の血流を良くします

腎の機能を高め体質改善を促します



③八風

両足指の間の付け根にあります(片足につき4ヵ所、計8ヵ所)

足先の血流を良くします




それぞれ気持ち良い所、柔らかい所を

イタ気持ちいい位強く押します

1日いつでも気づいた時に1回につき10秒くらい押します


体質改善を目指すものなので

すぐにやめず1ヶ月は続けるとOKです


ツボ押しと薬膳の他にも足冷えに効果的な

温めグッズもあります

ふくらはぎ専用レッグウォーマー



足先まで血が流れることで全身の血流も良くなります

ふくらはぎを温めると温かい血液が足先まで流れるため

足先が温まり冷え性改善に繋がります


冷えは万病のもとと言われますが

身体が冷えて血流が悪くなると良いことはなく

老化促進にも繋がると考えられていますので

冷えを改善し不調を寄せ付けない健康な身を目指しましょう!

★関連記事★




スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました