So-net無料ブログ作成
000

脳のゴミを取る食べ物 皮付きピーナッツ!認知症予防に期待!たけしの家庭の医学 7月11日 [健康]






認知症予防に期待できるのが脳のゴミ出し力...

脳のゴミ出し力が悪くなると脳にゴミが溜まり

認知症になる恐れが高くなるといいます

脳のゴミ出し力をアップする食べ物など

7月11日のたけしの家庭の医学で紹介されました


スポンサーリンク





脳のゴミを出して認知症を予防


認知症発症患者の多くの特徴は

脳に茶色のシミのようなものがたくさんある事であり

このシミが脳のゴミと呼ばれるものです

脳のゴミが増えてしまうことが

認知症発症の最大の原因だと考えられています


脳のゴミはもともと誰でも作られています

20代30代も安心できない事実が判明しています


脳にゴミが溜まると脳の神経細胞が死滅し

結果認知症の発症に...


しかし脳のゴミ出し力が高まれば認知症予防に!

脳にゴミが増えたとしてもゴミを外に出せば良いのです!


脳のゴミの正体


脳のゴミの正体はたんぱく質が固まったもので

なぜ溜まりだしたのかはまだ分かってないようです


脳のゴミの医学的な名称はアミロイドβ

アミロイドβが作られないようにするための

根本的治療薬の開発が進行中であるとのこと


スポンサーリンク





脳のゴミ出し力の差


脳のゴミ出し力が維持できている人と衰えている人の

アミロイドβの量の差は約25倍



脳のゴミ出し力が低下する原因の一つが

血管の拍動の衰えです

私達の全ての血管はドクンドクンと拍動しています


血管がしっかりと拍動していると

脳で作られたアミロイドβは血管から脳の外へ

押し流され最終的に身体の外へ排出されます


血管の拍動が低下するとアミロイドβが脳内で停滞し

脳の外へ流れ出ることができなくなってしまいます



血管の拍動の低下はグータラ生活

運動不足・暴飲暴食・喫煙など生活習慣の乱れにより

動脈硬化を進める事が最大の原因です


運動不足にならない生活をすることが

血管の拍動を維持し

アミロイドβを脳の外に捨てる力を高め維持することに

つながります


ゴミ出し力をアップする方法


血管の拍動を強くしアミロイドβを

捨てる力を高める予防・改善法を紹介します


脳のゴミ出し力をアップする栄養素が

レスペラトロールです

まだマウスレベルの研究で

人への効果はまだ分かってはいませんが

摂取することで血管の拍動を助け脳のゴミ出し力を

アップさせる可能性があることが分かっています



脳のゴミ出し力をアップさせるレスペラトロールは

赤ワインやブドウの皮やピーナッツの薄皮に含まれる

ポリフェノールの一種です

⇒皮付きピーナッツ


まだ研究途中のためどのくらいの量で

脳のゴミ出し力がアップするのか?

認知症予防にどれほど効果があるのかなど

具体的にはまだ分かっていないそうです



皮付きピーナッツで脳のゴミ出し力を検証


そこで番組では皮付きピーナッツを食べる事で

脳のゴミ出し力がアップするのか2人の女性が検証!


皮付きピーナッツを1日10~15粒食べて

10分ほどのウォーキングをして

血液中のアミロイドβの量を調べた結果、

1人の女性は2日目でアミロイドβが

1.89から8.47と増え脳のゴミ出し力がアップ!


もう1人の女性も検証前1.06だった数値が

5日目で6.69と上がり脳のゴミ出し力がアップした

結果がでました


検証は2人しかしていませんが

短期間でアミロイドβの量に変化があり

ゴミ出し力がアップする結果が出たので

続けることで認知症予防に

期待することができるのではないでしょうか?

アミロイドβを脳に蓄積させないためにも

脳のゴミ出し力を高めたいですね!

★関連記事★





スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました