So-net無料ブログ作成
000

鮭のビタミンDで認知機能と足腰の衰えを防ぐ!たけしの家庭の医学5月16日 [健康]






認知機能と足腰の衰えを防ぐ栄養素がビタミンD!

ビタミンDを多く含む食材が鮭です

5月16日のたけしの家庭の医学で紹介されました



スポンサーリンク





ビタミンDで認知機能と筋力低下を防ぐ


認知機能と足腰の衰えを合わせて防ぐのに

効果的なのがビタミンD

ビタミンDには骨を丈夫にする健康効果があります

ビタミンDは太陽の紫外線を浴びることで

肌でも作られますが

医学的には食べ物からの摂取が重要視されています


今までビタミンDは骨の健康に欠かせない栄養素でしたが

近年の研究で様々な作用があることが判明しました


ビタミンDを多く含む食材は

あん肝・しらす干し・いわし丸干し・キクラゲ・きのこ類などです


このビタミンDの摂取で認知機能の予防や

足腰の衰え、筋力低下の予防改善効果が期待できるとのことです


体内ビタミンD量と認知機能をチェック


歴代総理大臣の20人の写真を見て何人名前が分かるか?

このテストの結果と体内ビタミンD量を調べると

記憶力がよい人ほど体内ビタミンD量が多いことが分かりました


ビタミンD量と足腰の筋力の関係


足腰筋力年齢が若い人ほどビタミンD含有量が多く

比例していることが分かりました


スポンサーリンク





衰えた細胞を修復するビタミンD


加齢などによって衰えた細胞をビタミンDは修復し

さらに保護する働きをもちます

脳の神経細胞や筋肉の細胞は修復されにくいのですが

ビタミンDならそれが可能だと期待されています


体内のビタミンDを増やす方法


健康効果が期待できる体内のビタミンDの量は

30ng/mLです

理想値に達している人は少なく1%未満だといいます

しかし新潟県村上市の人々は体内のビタミンDの量が

基準値を超えている人が多いことが判明!

ビタミンDを多く持つ村上市の人々が良く食べている食材が

鮭です!

村上市の人々の体内のビタミンD濃度を調べてみると

34名中7名が30ng/mLを越えていました

これは一般的な検査の約30倍の割合となります


鮭でビタミンDを効率よく摂る方法


鮭の100g当たりのビタミンD含有量は33.0ng/mL

鮭の切り身一切れで干ししいたけ40個分もの

ビタミンDが摂れます

鮭の身以上にビタミンDが効率よく摂れるのが

イクラになります


鮭は皮ごと食べる


そしてもう1つビタミンDを効率よく摂れる方法が

鮭を皮ごと食べることです

ビタミンDは身よりも皮の方が多く含まれるのです


★関連記事★



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました