So-net無料ブログ作成
検索選択
000

家事えもん レタスチャーハンのレシピ 豆乳スープでつけチャーハンに!奥田シェフとチャーハン対決 [レシピ]







今回の家事えもんはチャーハンの料理対決をします

その相手は芸能界イチの食通・辰巳琢郎が送り込む刺客

奥田政行シェフ!

主婦が真似したいチャーハンをかけ算レシピで紹介します

家事えもんのレシピはレタスつけチャーハン!

サラミとレタスをかけ算します

9月22日の「このニュースで得する人損する人」で

紹介されました


スポンサーリンク





家事えもんがチャーハン対決!


得する人損する人で家事えもんと料理対決するのは

世界の料理人1000人にも選ばれた超一流シェフ奥田政行

山形県鶴岡市「アル・ケッチァーノ」のオーナーシェフです

家事えもんの得意のかけ算レシピの元祖でもあるそうで

家事えもんよりも昔からかけ算レシピをたくさん実践してきているようです



今回の家事えもんと奥田シェフのチャーハン対決のルールは

①食材はスーパーで買えるもの

②1人前は300円以内

③20人の主婦が味と調理の手軽さで審査します


主婦がより真似したいチャーハンを作ったほうが勝ちとなります

奥田シェフが作ったのは「世界のVIPをうならせたチャーハン」

コーヒーを使ったチャーハンになります

さらに食後にぴったりなゴボウのカフェオレも用意されました

ゴボウの搾り汁がびっくりするほど甘いカフェオレになるようです



そして家事えもんが作るかけ算レシピチャーハンは

絶対に失敗しないレタスチャーハンになります

レタスつけチャーハン


サラミ×レタスでかけ算!

[材料]
冷凍ご飯 300g
レタス 80g
卵 2個
サラミ 60g
ラード 大1
酒 大1
パルメザンチーズ(粉チーズ)大1
塩 少々
黒コショウ 少々
中華ダシ 小2
レモン 1/6カットを2個

●スープ
レタス(千切り) 30g
調整豆乳 200ml
中華ダシの素(中華スープの素) 小1


スポンサーリンク






①冷凍ご飯を解凍します

②レタスの外側の色が鮮やかな青い部分を

くるくる巻いてから千切りにします

③千切りとは別に1cm角にもレタスを切ります

④ラードを電子レンジで溶かします

ラードをご飯にかけます

さらにご飯をふっくらさせるためにお酒をかけます


サラダ油をかけてもOKなのだがラードをかけることで

動物性脂肪でさらにうま味がアップします


⑤フライパンでご飯を炒めます(ご飯を広げるのがポイントです)

中華ダシで味付けします

ここでゆっくり味付けをすることでチャーハン全体の味が決まります


⑥サラミの半分を1cm角に切ります

残った半分のサラミをみじん切りにします

みじん切りに切ったサラミは調味料として使います

サラミをフライパンに入れていきます


サラミで下味&熟成のうま味が加わりチャーハンの味がワンランクアップします

またサラミはドライなので余計な水分を吸ってくれます

水分を吸うのでチャーハンがパラパラになります

サラミもジューシーになっていきます


⑦ボウルに卵とパルメザンチーズを入れます

これでクリーミーでイタリア風になります

コショウも加えよく混ぜます


⑧フライパンを熱々に加熱します

そこに卵を入れます

やさしくなでるように箸で卵を触ります


⑨ご飯をフライパンに入れます

⑩1cm角に切ったレタスをお皿に敷きます

その上に炒めたチャーハンをのせます

レタスはご飯の余熱で程よく熱が入ることでシャキシャキに!


⑪レモンと黒コショウを添えます


⑫つけチャーハンのスープをつくります

千切りにしたレタス30gに豆乳・中華ダシの素を加えます

⑬600wの電子レンジで1分30秒加熱します


色んな楽しみ方ができるチャーハンの完成です

そのままの出来立てのチャーハンの他

レモンを搾ってかけたり、黒コショウをかけたり

そして豆乳のつけ汁と一緒に食べたり

いろんな味になる満足のいくチャーハンとなります

1食あたりの材料費は282円で

調理時間は25分で作ることができます



■得技チャーハンの補足

サラミとレタスの組み合わせによる効果は奥田シェフによると

奥田流ウルパサの法則というものになり

潤いとパサつきの関係がうま味をアップさせるものです

例えばかにチャーハンだと

パサつくかに×水分のあるレタス

えびチャーハンだと

水分があるエビ×乾いたグリーンピース

の組み合わせてよりチャーハンが美味しくなります


レモンをかけて食べることでサラミの脂っこい所に効くそうです

奥田シェフによるとコショウがポイントで

焼肉屋の牛タンにコショウにレモンで食べるように

コショウとレモンというのが黄金の組み合わせになり

レモンはコショウの仲間になります

豆乳のつけ汁につけて食べると

チャーハンがまろやかに優しく変化します

いろいろと味を楽しんで食べられるチャーハンになります


家事えもんと奥田シェフのチャーハン対決の結果は

奥田シェフは367点

家事えもんは374点

味は奥田シェフが勝っていたものの調理の手軽さで

家事えもんがリードし家事えもんの勝利となりました


パラパラになる工夫もあり味の変化も楽しめる

得技チャーハンは家庭で簡単に作れ

女性に嬉しい豆乳も一緒に美味しく摂取できるのも良いですね


★関連記事★




スポンサーリンク







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました