So-net無料ブログ作成
000

サイゲン大介 親子丼レシピ スポーツドリンクで鶏肉がジューシー フワトロ卵の高級店の味に! [レシピ]







サイゲン大介が再現するレシピは親子丼!

スポーツドリンクに漬けることで

鶏肉がふっくらとジューシーに。

卵も高級卵のような濃厚な味になる

家庭で簡単に名店の味になる親子丼のレシピです

9月15日の「あのニュースで得する人損する人」で紹介されました


スポンサーリンク





サイゲン大介の親子丼


サイゲン大介が再現する料理は親子丼

安い鶏肉と卵で名店の味を再現!

材料費170円で高級な親子丼を作ります


■親子丼
[材料]
鶏もも肉 100g
卵 2個
水 15ml
スポーツドリンク 15ml
醤油 大1
酒 大1
みりん 大2
鶏がらのダシ 2つまみ
オイスターソース 2滴


①鶏肉を小さめの一口大に切ります

②鶏肉をスポーツドリンクと水に漬けます(1:1)

スポーツドリンクにはお肉を柔らかくジューシーにする

水・砂糖・塩が含まれています


③鶏ガラのダシを加えます

風味と旨味がアップします

15分そのままにして漬けます

これで美味しい鶏もも肉の下準備完了です


④割り下を作ります

フライパンに醤油・みりん・酒を入れて

軽く水気を切った鶏肉を入れます

火が通るまで2分間ほど煮こみます


スポンサーリンク






⑤卵をフワトロにする簡単テクニック!

ボウルに入れた卵の白身を軽く切ります

黄身と白身を5回かき回します(卵をよくかき混ぜない)

卵の白身と黄身を別々に④のフライパンに入れます


白身を先に入れたらフライパンにフタをして弱火で1分半加熱します


⑥さらに黄身にオイスターソースを混ぜてコクを出します

それをフライパンに流し込みフタをして20秒加熱します


ご飯にのせれば親子丼の出来上がりです




■親子丼レシピの補足

お肉のジューシー感は含まれている水分が

多いほどジューシーになります

そこに糖分が加わると保水性が生まれます

砂糖は水分を引き寄せてお肉をジューシーにしてくれます

スポーツドリンクには塩分が含まれており

塩分はお肉の表面を硬くしてくれるので

砂糖の効果で得たジューシー感をキープしてくれます



白身を先に流し込んでから黄身を入れて

固まる時間差を調整します

黄身は白身よりも早く固まり始めるので

同時に加熱すると黄身だけ先に固まってしまいます

半熟のトロトロ感のおいしさは

黄身に火があまり入ってないことで

コクとなめらかさが生まれます


オイスターソースに含まれる旨味成分が

卵黄の脂質と合わさることで深みとコクがアップし

まるで高級卵のような濃厚な味わいになります




全国丼グランプリ金賞を受賞した名店の親子丼

阿波尾鶏を使った南ばら亭の

1人前1500円の親子丼と食べ比べした結果

ゲストはサイゲン大介の親子丼を名店の味だと答え

吉村崇以外当てる事ができませんでした

坂上忍も

「見た目以上に、調味料以上にすごいと思います

この親子丼は!」

とにかく皆に試してもらいたい名店の味を越えた絶品親子丼になります!


★関連記事★




スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました