So-net無料ブログ作成
検索選択
000

血管年齢を下げるのにプールに入るとANPが増えて効果的!血管年齢の若い海女さんから学ぶ「たけしの家庭の医学」 [健康]








加齢とともに血管もダメージをおい

病気のリスクも高くなるイメージがありますが

とあることをするだけで血管年齢を若返らせることが出来るんだそうです

血管年齢の若い海女さんからその方法を学びます!

8月2日の「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」で

紹介されました


スポンサーリンク





血管年齢が若返る?高血圧改善法


高血圧になる原因が塩分の摂りすぎ

血液の塩分濃度が高くなるとその濃度を薄めようと

周りの細胞から水分が集まります

すると血液の量が多くなり

血管壁を圧迫してしまいます

これが高血圧の状態です

これがずっと続くと血管が硬く狭くなる

動脈硬化を引き起こしてしまいます

さらに心筋梗塞や脳梗塞になってしまう可能性が高くなります

予防するのに効果的なのが減塩ですが

プールや海に浸かるだけでも効果があるようです


海に潜る海女さんは血管年齢が若い


海女さんの血管年齢が若いのは

水に潜ったときの水圧によって分泌されるホルモン

ANP(心房性ナトリウム利尿ペプチド)が関係しているといいます

水に潜ると私たちの手足の静脈が圧迫され

心臓に多くの血液が戻ります

すると心臓の一部が大きく拡張し心臓の筋肉から

大量に分泌されるのがANPというホルモンになります

ANPは心臓から分泌されると全身に送り出され

腎臓に働きかけ排尿が促されます

すると体の中から余分な塩分が体外に排出されます

その結果血圧が低下し血管を若く保つことができます

ANPは血液改善ホルモンであるのです


スポンサーリンク




プールに浸かるだけでANPを多く分泌させることができる?


どのくらいの深さの水に入ることで

血液改善ホルモンANPが増加するのかプールで実験

その結果プールでもみぞおち以上水に浸かれば

ANPが増加する可能性があるということが分かりました


1日プールで過ごした場合血液改善ホルモンANPの分泌量に

血圧はどのくらい下がるのか実験を行いました

プールで過ごした時間は浅めのプールを中心に4時間半

検証前12.6のANPが検証後31.6に増加

血圧は検証前143だった数値が検証後132と低下しました

1日プールで遊んだだけでANPが増加し

血圧も低下することが実験で分かりました


ANPは水に浸かる以外にも息が弾むくらいの運動でも分泌されます




血圧改善の効果も期待できるので

この夏のお出かけにプールや海に行くのはいかがでしょうか?

遊んでいるだけで高血圧予防が期待することができます

夏だからただプールで遊んでいるだけで

ANPが自然に体の中で分泌されて

血管が若返るのは嬉しいですね


楽しく血管の若返りといえば

井上真央が最近はまっているゾンビ体操も血管の若返りに効果的です

金スマ 血管若返りの食べ物・池谷式朝ジュースにゾンビ体操

★関連記事★






スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。